気管支喘息 病態生理

気管支喘息における病態生理について


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

気管支喘息は、アレルギー反応やウイルス、細菌感染が発端となり、気管支に慢性的な炎症が起きている疾患です。

 

喘息発作が起きると、気管支を取り囲んでいる気管支平滑筋が収縮し、粘液もさらに多く分泌し、ますます機関紙が狭くなります。喘息の場合、COPDと違い薬物治療や自然治癒することもあります。

 

発作性のせき、ぜいぜいとした音、呼吸困難などの症状が見られ、最近は減少傾向であるが、重症になると気道が閉ざされて、死に至ります。

 

【看護師の知識】気管支喘息における病態生理について

 

○注意したい症状 

 

  1. 喘鳴(ぜんめい)音…… ぜいぜいとした雑音のこと。気管支がすぼまっているかどうかがわかる。軽度〜中等度では、呼気でのみ聴こえ、重度になると吸気のときにも聴こえる。ほかの音が混じると重傷度が高いと判断される。
  2. 呼吸困難……外見は同じでも、SpO2が低下している場合は、かなり重症です。

 

主な治療法

 

治療せず放置しておくと、気道が狭くなり、薬物の効果が低下します。治療は継続的に行わなければなりません。気管支喘息は、長期的に管理する薬剤と発作時の治療薬の2つで管理します。現在では、吸入ステロイド薬と長期作用型の刺激薬が一つになった薬剤もあります。

 

一方、発作時の治療薬には、気管支を一気に拡張させる、短時間作用型の気管支拡張薬を吸入します。軽症の場合は、早期の治療で薬物が不要で改善される場合があります。

 

スポンサーリンク

 

○SpO2が低下する原因

 

気管支喘息の場合では、気管支が刺激に対して過敏になっています。発作によって気管支はすぼまっていますが、ほかに疾患がなければ、肺の機能に問題はありません。軽度から中等度の喘息であれば、発作で呼吸困難になったとしても、換気量に大きな差はありません。

 

よって、苦しそうに見えて、脈拍が速くなっていても、SpO2は低下していないのが普通です。発作でSpO2が低下する要因は、症状が重症化し、気管支がすぼまり、排気量が減少しているためです。

 

また、高齢者の場合は、他の疾患を併発していることが多く、喘息が慢性化してCOPDと同様な症状で、症状の見分けが不可能なことがあります。

 

 

○その場合の対応

 

発作症状を改善するためには、薬剤によってすぼまった気管支を開きます。電気式または酸素駆動式の吸入器により、一定時間ごとに吸入を行います。 気管支拡張薬のメプチンの場合、8時間ごと1日3回の吸入器により吸入を実施します。メプチンは吸引されると、約30分で気管支全体を開かせます。その効果は最大で8時間継続します。

 

つまり、1日3回以上、等間隔で行います。睡眠中でも、あらかじめ患者さんの了解を得ておいて行います。早朝の4〜5時は発作が一番ひどくなる時間帯ですから、時間は必ず守りましょう。その場合、夜間や早朝には、マスクをセットできる吸入器を使用すれば、患者さんの睡眠を妨げることがありません。実施前に丁寧に説明しましょう。

 

また、実施後に、必ず呼吸音を聞いて、効果の確認をすることを忘れないようにしましょう。慢性期の吸入には、手動の定量噴霧式吸入器を使用します。しかし、この吸入器は手軽な反面、1〜2呼吸で規程量の薬剤を吸引しなければなりません。急性期の患者さんは呼吸状態が不安定なことが多く、薬剤を正しく吸引しきれないため、薬剤の吸入には、電気式または酸素駆動式の吸入器を使用します。 



このエントリーをはてなブックマークに追加