看護師 呼吸器

呼吸器の構造と役割を覚えておこう


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.
気管・気管支の構造

 

呼吸とは、内臓の全てに酸素を供給し、その酸素が生命力を向上させエネルギーを得て、産出された二酸化炭素を体外に排出することをいう。

 

【看護師のスキル】呼吸器の構造を役割を知っておこう

 

この呼吸を管理しているのが呼吸器です。呼吸器の構造を空気の通りで見ると、鼻・口→のど→気管→気管支へと続きます。気管支は左右に分かれ、それぞれ左肺と右肺に入り→葉気管支→細気管支→終末細気管支へと枝分かれし、細くなっていきます。

 

通常、鼻腔(びこう、鼻の奥の広い所)から気管までを上気道、それ以下の気道を下気道と呼びます。気管・気管支は、空気の通過する道だけでなく、吸入した異物などを痰(たん)として押し上げ排出する役割もあります。

 

スポンサーリンク

 

肺胞の構造

終末細気管支の先にあるのが、呼吸細気管支、肺胞管(はいほうかん)、肺胞嚢(はいほうのう)、そして肺胞(はいほう)です。肺胞はブドウの房のような密集体で、その数は薬3〜5億個です。肺胞は間質という指示組織で囲まれています。

 

肺胞の壁の内部は毛細血管が網状に張り巡らされていて、ここでガス交換が行われます。終末細気管支の先に肺胞がない場合があります、この場合、空気はガス交換をすることなく戻っていきます。この部分を死腔といいます。

 

 

肺の構造

肺の構成は、主に気管支と肺胞です。胸膜に包まれ、胸腔という気密性の高い入れ物の中にあります。胸腔は肋骨や肋間筋などに囲まれています。下方は横隔膜が支えています。

 

肺には心臓のようなポンプ機能がなく、筋肉の収縮運動によって、胸郭(胸をとりまく骨格)を広げて内部の圧力を下げ、空気を受け入れています。これらの組織も呼吸器の大切な一部です。



このエントリーをはてなブックマークに追加