内視鏡検査 検査説明

内視鏡検査の検査説明について


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.
内視鏡検査って何でしょう?

 

内視鏡検査とは、「ファイバースコープ」という先端に超小型カメラがついた細い管を、体内に挿入して組織の状態を観察する検査法である。

 

【看護師のスキル】内視鏡検査の検査説明を適切に行うコツ

 

内視鏡検査は二種類あり、上部消化管内視鏡検査では、のどを麻酔した後に、下部消化管内視鏡検査では、肛門に麻酔の含まれたゼリーを塗布した後に、内視鏡が挿入されます。

 

カラダに傷をつける恐れもあり、苦痛を伴う。病院によっては鎮静をかけて行う。所要時間は、上部消化管で5〜10分、下部消化管で20〜30分である。

 

検査前の投薬は次のとおりです。

 

  1. 局所麻酔薬 ⇒キシロカインビスカス、キシロカインポンプスプレーなど
  2. 消化管運動抑制薬 ⇒ブスコパン、グルカゴンなど
  3. 鎮静薬 ⇒セルシン(抗不安薬・睡眠薬)オビスタン(医薬用麻薬)など

 

検査では、鼻や口、あるいは肛門からファイバースコープを挿入し、体内の様子を直接撮影して、モニターの画面を見ながら検査し、内視的治療(ポリープ切除など)を行うこともあります。

 

スポンサーリンク

 

■検査でわかること

 

上部消化管では、食道/胃・十二指腸などを、下部消化管では、大腸と小腸の一部を直接観察できます。

 

炎症や潰瘍(かいよう、皮膚・粘膜・角膜などにできる、深部にまで及ぶ組織の欠損)、腫瘍(しゅよう、個体の中に発生して、自立的な異常増殖をする細胞の集まり、がんなど)などの診断、出血部位の特定、組織検査で生検などを行うほか、ポリープ切除、狭くなった部分の拡張、潰瘍性出血の止血などの内視的治療が可能です。次の病気に対応しています。

 

<腰部消化管>
食道炎・食道がん、胃炎、胃ポリープ、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなど

 

<下部消化管>
大腸がん、大腸ポリープ、憩室(胃・腸・心臓・気管などの臓器の壁面が拡張し、小さなこぶし上の部屋ができたもの)、潰瘍性大腸炎、がんなど

 

上部消化管内視鏡検査で伝えるべきこと

 

<検査前>

 

  1. 食事制限や内服薬の休薬、のどの麻酔薬や鎮静薬の前投与があること。
  2. 一般的には、検査予定の6時間前から絶飲食です。当病院の場合、午前中の検査では前日の20時以降からの絶食となります。午後の検査であれば前日の食事制限はありませんが、当日の朝食は食パン半分など軽く、7時までに済ませてもらいます。糖分を含んだ水分は検査の2時間前まで摂取が可能です。

    牛乳、ジュース、コーヒーなどは避けてもらいます。

  3. インスリン注射や経口血糖降下薬などの休薬にかんしては、医師の指示に従います。サプリメントについても同様で、利用の有無を確認します。休薬が実施されていないと検査が延期になります。
  4. 検査の所要時間は、内視鏡を体内に挿入後5〜10分程度です。しかし、検査で鎮静薬を使用した場合は検査後30分〜1時間ほどの安静が必要です。
  5. 消化管運動抑制薬の中には、使用が禁忌(ある病気に対して用いることを禁じなければならない薬品・食品)となる場合があります。一般的な抗コリン薬ノブスコパンは、緑内障、前立腺肥大症、重症心疾患では禁忌です。不整脈,甲状腺機能亢進症でも副作用が出る場合があります。確認が必要です。
  6. 前投薬として鎮静薬を使用する場合、検査後は自家用車の運転はできず、外来検査であれば公共交通機関の利用か家族の送迎となります。

 

 

 

<検査中>

 

患者さんが不安を感じたらすぐに知らせるように説明します。

 

 

<検査後>

 

  1. 鎮静から覚醒まで安静が必要です。のどの不快感や腹痛などの症状の有無、吐血や下血の有無などの確認です。
  2. 内視鏡検査は生体に傷をつける可能性が高い検査です。のどの麻酔の効果が持続している間は、誤らないよう水を飲むことも中止です。局所麻酔薬や鎮静薬の効果がなくなると通常の食事は可能ですが、組織検査をしている場合は、医師の指示によります。飲酒については、鎮静薬を使用した場合は転倒の危険、組織検査で生検(組織から人体の一部を切り取って、病理学的にしらべること)した場合は、出血の危険が高まるので、検査当日はやめてもらいます。

 

下部消化管内視鏡検査で伝えるべきこと

 

<検査前>

 

  1. 下剤と当日病院で洗腸液を服用すること。検査当日の排便状況によっては、下剤の追加や浣腸を行う。ただし、大腸がんなどで便が腫瘍部位より肛門側に出ることがない場合でも、医師の判断で検査を行うことがあります。
  2. 検査前日は、お粥など消化のよいものだけを食べる。空腹の場合には、ヨーグルトなど大便として残らない食品を勧める。食止めは検査予定の6時間前からですが、当病院の場合、前日21時以降が絶食です。水分摂取は可能です。
  3. 検査当日は食止めになるため、インスリンや経口血糖降下薬などは、休薬となりますが、医師の指示に従うこと。その他の内服薬に関しては、上部消化管と同様です。
  4. 検査の所要時間は20〜30分ですが、腸内の食物の消化状況によっては、1日がかりとなります。検査当日は、他の予定を入れず、仕事も休んだほうがよい。
  5. 外来検査の場合、下剤を飲んで病院に来るので、早めに公共交通機関やタクシーで来るように促すこと。

 

 

<検査中>

 

患者さんには検査の様子が見えないので、声をかけてから行います。

 

 

<検査後>

 

  1. 前日からの絶食で身体がふらつく可能性があります。30分〜1時間ほど安静にしてからの帰宅を勧めます。帰宅後に腹痛や下血があったら、早めに病院に来るよう指導します。
  2. 食事は検査終了1時間後からです。消化のよいものからスタートし、刺激のある物は摂らないようにします。組織検査で生検している場合は、出血の可能性があるので、検査当日の飲酒は控えてもらう。

 

特に注意が必要な患者さんは、次のとおりです。

 

  • 抗凝固薬(こうぎょうこやく 薬を固まらせないようにする薬)を内服中の患者さんは、検査時に出血のリスクが高まる。休薬すると血栓(血管の中で血液が固まること)のリスクも生じるので、必ず医師の指示を確認します。
  • 糖尿病患者は、絶食によって低血糖になる危険性があります。下部消化管であれば、検査5分前まで飴などで対処します。
  • 高齢者やADL(日常の生活動作・移動)に問題がある者の場合は、検査後はふらつくことがあるので、転倒・転落には十分注意が必要です。

 

患者さんによく聞かれる質問に、「検査に痛みはありますか?」があります。

 

前投薬により、ほとんど痛みはありません。上部消化管の検査では、局部麻酔薬や鎮静薬の使用により、痛みはほとんどありません。下部消化管については、検査の時腸内に空気を送り込むので、腹部に圧迫感を覚えたり、内視鏡の走行時に少しの痛みを感じることがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加