看護師 キャリアアップ

検査説明について記事一覧

【看護師のスキル】検査説明の要点をチェックする

検査が決まったら、看護師は何を患者さんに説明すればよいのでしょうか。初めにその要点を3点にまとめました。検査説明における看護師の役割とは何か?医師・看護師等には日常仕事で習慣になっている検査でも、患者さんにとっては不安があります。そこで、検査における看護師の役割は、患者さんに必要な検査や治療が安心・...

≫続きを読む

【看護師のスキル】CT検査の検査説明を分かりやすくする方法とは?

CT検査って何でしょう?CT検査とは、身体にX腺を照射して、その吸収率の違いを電子装置によって、画像化する検査法です。単純X線では得られない、臓器などの断層面を映し出すことができます。現在のCT機器は、機能が向上し、広範囲・短時間での撮影が可能になっています。また、造影剤(X線の透過しにくい物質を含...

≫続きを読む

【看護師のスキル】MRI検査の検査説明を適切に行うコツ

MRI検査って何でしょう?磁場と電波を用いて体内などの画像を撮影する装置により検査することです。体内に存在する水素イオンの陽子(プロトンという)に共鳴するラジオ波を照射すると、共鳴現象により、エネルギーが放出されます。MRIはその信号を取り込んで、画像化します。■MRI検査の種類単純MRI(造影剤を...

≫続きを読む

【看護師のスキル】超音波検査の検査説明を適切に行うコツ

超音波検査って何でしょう?人が聴くことが可能な音の領域(20Hz〜20kHz)を超える高い周波数の音波を体内に当て、戻ってくる反射波を画像化する検査法です。生体を傷つける恐れのない検査のため、老若男女、妊婦等にも可能な検査であり、必要な場合には、複数回行うことができます。医師の判断により、造影検査が...

≫続きを読む

【看護師のスキル】血管造影検査の検査説明を適切に行うコツ

血管造影検査って何でしょう?血管から造影剤を注入し、病変部の血管内をX線で連続撮影する検査法です。検査は主に、頭部(脳)血管造影、腹部血管造影、冠動脈造影(心臓カテーテル)などがあります。最近では治療目的に実施されることが多い。生体を傷つける可能性が非常に高いため、入院で行います。イオバミロン、イオ...

≫続きを読む

【看護師のスキル】内視鏡検査の検査説明を適切に行うコツ

内視鏡検査って何でしょう?内視鏡検査とは、「ファイバースコープ」という先端に超小型カメラがついた細い管を、体内に挿入して組織の状態を観察する検査法である。内視鏡検査は二種類あり、上部消化管内視鏡検査では、のどを麻酔した後に、下部消化管内視鏡検査では、肛門に麻酔の含まれたゼリーを塗布した後に、内視鏡が...

≫続きを読む