看護師 児童虐待

密かに蔓延する虐待の現状


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

最近のニュースでは、児童に対する虐待の記事が後を絶ちません。それだけ社会問題も深刻化しているのでしょうが、報道されている虐待は実は氷山の一角であるといったら、さらに驚く方も多いのではないでしょうか。

 

というのも、虐待は子どもだけではなく貴方の身近な、例えば両親、兄弟、配偶者、高齢者といった基本的な生活の場、家庭内の問題で有ることが多いからです。

 

 

身近で有るが故に、家庭というプライベートで密室な現場で、それも親しい間柄でおこっている虐待であるために、問題はさらに複雑で実態がわかりにくい深刻な問題であると言えます。小児虐待を例にとっても、2009年度の児童相談所に持ち込まれた相談件数は、4万4210件、2010年度では4万6000件以上と年々増加しており、これに要保護児童対策地域協議会(以下、要対協)への相談件数も加えると約10万件以上になると推定できます。

 

児童虐待の場合には、マスコミによる報道から注目され虐待問題が表在化したいきさつがありますが、報道だけでは網羅できない潜在問題も予測される状況です。ついに、厚労省検討会も対応に踏切り、報告書案も作成されました。

 

児童の虐待問題は、「身体的虐待」「性的虐待」「ネグレクト(育児放棄)」「心理的虐待」の4つに分けられます。大別して4種類といっても実状の範囲は広く、専門的な定義では「child abuse(チャイルド・アビュース)」=「子どもを不適切に取り扱うこと」とされます。

 

 

例えば、「親が車中に子どもを置いたままパチンコ→子どもが熱中症で死亡」「親が車中に子どもを置いたまま買い物→子どもが火遊びによる火災で死亡」という
2つの事件がありますね。普通は「虐待」と「事故」で分けて考えると思いますが、虐待の専門的な立場から考えると、どちらも「子どもを保護する責任が全うされなかった」事例として「虐待」として処理します。

 

子どもの当然与えられる人権を阻害または障害することが虐待であるわけです。こんな具合ですから、虐待は日常的な状況で、いつでも、どこでも起きる心配のある問題です。



このエントリーをはてなブックマークに追加