看護師 運動療法

運動療法の必要性を理解していない


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

糖尿病での運動療法の目的の1つは、筋肉での糖代謝の促進にあります。適度に運動することによって、筋肉でのブドウ糖や脂肪酸の利用が促進され、インスリンの分泌不足やインスリン抵抗性の増加が原因で代謝できなくなったブドウ糖が代謝され、食後血糖値の急激な上昇を抑えることができます(運動の急性効果)。

 

ただし、患者さんの状態や運動の強度によっては、インスリン拮抗ホルモンの分泌が増加するため、逆に血糖値が上昇することもあるので、注意が必要になります。

 

【看護師の知識】運動療法の必要性を理解していない

 

また、運動には慢性効果があります。運動しているときの筋肉では、安静時に比べて数十倍ものエネルギーが消費されます。その際のエネルギー減がブドウ糖と遊離脂肪酸で、運動の初期には主にグリコーゲンが、次いで血中のブドウ糖と脂肪酸が、エネルギーとして使われます。その結果、運動によって血糖値が低下します。

 

運動は継続して行うと、ブドウ糖を筋肉に取り込みやすくするたんぱく質GLUT4が細胞表面に移動してくるため、ブドウ糖の取り込みが促進されます。

 

さらに、末梢組織でのインスリン抵抗性が改善されるため、血糖値のコントロールが良好となります。ほかにも、高血圧の改善、筋委縮・骨粗鬆症予防、心肺機能の向上、ストレス解消などの効果があるとされています。

 

 

また、継続的な運動は体重の減少にもつながり、肥満の解消はインスリン抵抗性を改善させます。このように、運動の目的は、筋肉におけるブドウ糖の代謝と、それによる血糖値上昇の抑制およびインスリン効果の改善であるので、痩せても運動を続ける必要があります。無理のない程度で毎日続けることが大切です。



このエントリーをはてなブックマークに追加