看護師 経口薬

経口薬を飲み間違ってしまう


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

飲み忘れと同様に、飲み間違えてしまう患者さんも多く見られます。なぜ間違ってしまうのか、その理由を一緒に確認することが大切です。

 

【看護師の知識】経口薬を飲み間違ってしまう

 

飲み間違えてしまう理由としては、以下のようなものがあります。

 

  1. 飲み間違うことのリスクを知らない。
  2. 使用する経口薬の作用を理解していない。
  3. 使用する経口薬の服用方法を理解していない。
  4. 身体的な機能低下がある。などの理由が考えられます。

 

単純に薬剤を取り違えてしまうのか、薬剤に対する理解が間違っているのかなど、その理由によって対応が違ってきます。前者のように取り違えが原因の場合は、1日量を飲む順番に合わせて分類できるケースを利用したり、1日分を小分けにするなどの方法が有効です。

 

スポンサーリンク

 

また、理解に誤りがある時は、薬剤師などの協力を得て、写真付きの薬剤情報説明書を利用し、飲む順番を確認・整理すると良いと思います。そのうえで、それぞれの薬剤にどのような作用と特徴があるのか、改めて患者さんと確認することが必要です。

 

間違えて飲んでしまった薬剤によっては、低血糖状態になることもあるので、自分が飲んでいるそれぞれの薬剤が、どの時間帯の血糖値を下げるために飲んでいるのかなどを理解しておくことが重要になります。さらに、飲み合わせに注意が必要な薬剤についても説明しなければなりません。

 

例えば、低血糖を引き起こしやすいSU剤や速効型インスリン分泌促進薬と他の経口血糖降下薬の併用によって、低血糖症状が悪化することがあります。それぞれの薬の作用・特徴を看護師自身も把握し、その内容を患者さんに必ず説明しましょう。

 

飲み間違えを防ぐポイントとして、次のような事に注意し指導を行いましょう。

 

  1. 飲み間違うことで、どのようなリスクが生じるかを知っているか確かめる。
  2. 視力の低下、指先の神経の低下などで、薬剤の識別を妨げる要因がないかチェックする。
  3. 使用する経口薬の薬理作用を、服用方法と結びつけながら確認する。
  4. 飲み間違えた時の対処法を一緒に確認する。

 

以上の4点に注意し、服薬指導を行うと飲み間違えを防ぐことができると思いますので、頭に入れておきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加