看護師 妊婦 血糖値

妊婦さんの血糖値が高い時


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

妊娠すると様々な身体の異変が生じる場合があります。妊婦さんの血糖値が高い場合は、次のような可能性が考えられます。

 

  1. 妊娠によって糖代謝異常(糖尿病)が発症した
  2. 見逃されていた糖尿病(2型)が発見された
  3. 糖尿病合併妊娠

 

【看護師の知識】妊婦さんの血糖値が高い時

 

この@ABのようなケースを「妊娠中に初めて発見、あるいは発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常」と定義されます。

 

@の場合は、妊娠中の一時的なものなので、出産してしまえば妊娠ホルモンの分泌も低下し、出産とともに治ります。ただし、このような場合でも、ゆくゆくは糖尿病を発症する確率が高くなるといわれている為、出産後も定期的にチェックが必要です。

 

Aの場合は、出産後も継続した治療が必要となります。妊娠により糖尿病が発見されたことによって定期的な治療が必要ですが、@もAも基本的には治療目標や治療法に大きな差はありません。

 

Bの場合は@Aとは違い、もともと糖尿病の患者さんが妊娠をするということです。糖尿病患者さんが妊娠をした場合、胎児の発達に一番大切な妊娠初期に、血糖値が高くなっている可能性があり、大変危険です。

 

もし、女性の糖尿病患者さんが妊娠を望んでいる場合は、胎児の先天異常と母体の糖尿病合併症悪化の予防のために、妊娠前にしっかりと治療と管理を
行ったうえで「計画妊娠」をすることが重要です。

 

万が一、治療を行わずに妊娠をした場合、生まれてくる赤ちゃんに影響が出てしまう恐れがあるので、赤ちゃんの為にも必ずきちんと治療を行って下さい。妊娠中の高血糖が母体に及ぼす影響は色々あります。

 

流産や早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症の危険が高くなり、母体から高濃度のブドウ糖がへその緒を通り胎児に流れ込み、胎児のインスリン分泌が高まることにより、巨大児や先天奇形、新生児低血糖症、呼吸促迫症候群などの新生児合併症を引き起こす原因とされているからです。

 

スポンサーリンク

 

糖代謝異常のある妊婦さんへの対応としては、血糖コントロールをしっかりと行うこと。母体や胎児の合併症を予防する為にも厳しく行う必要があります。朝食前(空腹時)の血糖値が70〜100r/dl、食後2時間の血糖値が120r/dl未満、HbA1cが5.8%未満になるようにコントロールしていきます。

 

治療法は、基本的にインスリンを使います。すでに経口血糖降下薬を服用している場合は、胎児への安全性が確認されていない薬剤もある為、インスリンに切り替え治療を続けます。妊娠中期以降は、インスリン抵抗性が増えるので、インスリンの量を増やしますが、分娩後は量を減らし、中止してしまいます。

 

栄養摂取量の目安としては、妊娠前の総カロリーに、妊娠前期で150Kcal、妊娠後期で350Kcal、授乳期で600Kcalを加えることとし、体重の増える割合により調整していきます。

 

血糖変動幅をなるべく小さい状態で保ち、空腹時のケトーシス(ケトン体と呼ばれる酸性物質が血液中に増えて血液が酸性になる状態)を避ける為に、食事は小分けにし、少しずつ摂取するようにします。

 

運動も継続する必要はありますが、軽い散歩程度にしておき妊婦さんの体調や状態を見ながら行うようにしましょう。血糖コントロールがうまくいっていない状態で妊娠をしてしまったら、先にも述べたように、胎児や母体への影響を妊婦さん本人と配偶者にきちんと説明を行い、妊娠を継続するかどうかも含めて検討することも必要でしょう。

 

 

そもそもなぜ妊娠が高血糖をもたらしてしまうのでしょうか?理由としては、妊娠中には、卵巣や胎盤からプロゲステロンやHPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)など様々なホルモンが分泌され、その影響でインスリン抵抗性が亢進し、インスリンの働きが悪くなり血糖値が上昇してしまうというこです。

 

健康な妊婦さんであれば、より多くのインスリンを分泌し、上昇を抑えることができますが、何らかの理由により膵臓の機能が低下している人は、高血糖に対応できず糖代謝異常になってしまうことがあります。

 

妊婦さんの糖尿病かどうかの判定ポイントは、随時血糖値が100r/dl以上の場合や、糖尿病の危険因子を持つ場合、ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)を行い、診断基準に沿って判断します。妊婦さんに対する糖尿病の有無のスクリーニングは、妊娠初期から始めます。妊娠が原因で比較的軽い糖代謝異常の場合は、妊娠後期に出てくることが多く、初期では見逃されていた潜在的な糖尿病を発見することが大きな目的となっています。

 

肥満状態の妊婦さんや、第1度近親者(両親や兄弟・姉妹)に糖尿病の方がいる場合は、必ず行うようにして下さい。女性の糖尿病患者さんが妊娠を希望する場合、計画妊娠が大切になります。きちんと治療を行い妊娠許容範囲内に血糖値をコントロールできたら妊娠できるように患者さんをサポートする必要があります。

 

妊娠許容範囲とは、血糖値コントロール指標の「優」(HbA1c5.8%未満、空腹時血糖値80〜110r/dl未満、食後2時間血糖値80〜140r/dl未満)であることが望ましいとされています。

 

 

しかし、「良」でも妊娠可能としています。「良」(HbA1c5.8〜6.5未満、空腹時血糖値110〜130未満、食後2時間血糖値140〜180未満)さらに、糖尿病網膜症の場合は、正常が単純網膜症安定していて、糖尿病腎症があるなら、第1期(腎症前期)か第2期(早期腎症期)にコントロールされていることが必要となります。



このエントリーをはてなブックマークに追加