看護師 シックデイ

シックデイになった時、どうするか


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

糖尿病の患者さんが急性感染症で発熱や下痢・嘔吐が続いたり、食欲不振などで食事ができず血糖値のコントロールができなくなる状態をいシックデイといいます。

 

このような状態に患者さんがなってしまった場合は、インスリンや経口血糖降下薬を使った・使わないに関係なく、非常に高い高血糖状態やケトアシドーシスというケトン体と呼ばれる酸性物質が血液中に異常増加し、血液が酸性状態になってしまうという症状が起こってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

【看護師の知識】シックデイになった時、どうするか

 

また、きちんと血糖コントロールができていた患者さんの場合でも、同様の状態になる可能性がある為、日頃の経過観察が重要です。まず、なぜシックデイが起こるかというと、先にも述べたように、急激に血糖値が上昇してしまうとシックデイの症状が出てしまいます。

 

感染・発熱・疼痛などの急性疾患が発生したときには、インスリン拮抗ホルモン(ストレスホルモン)と炎症性サイトカイン(炎症を強め機能障害や細胞の崩壊をもたらすもの)が増えてしまいます。

 

発熱・嘔吐・下痢などで脱水状態になると、インスリン拮抗ホルモン(ストレスホルモン)の増加を誘因してしまうことも考えられます。これらが増えてしまうと、肝臓でグリコーゲン分解や糖新生が亢進してしまい脂肪分解が促進され、筋肉に取り込まれる糖が減ってしまいます。

 

この為、インスリンの分泌・作用が低下し、血糖が上昇してしまうという現象が起るのです。

 

スポンサーリンク

 

基本的な対応は、水分補給と糖質の摂取が最優先です。この時に、食事ができない状態にならないようにすることも大切です。患者さんによっては、医師や看護師し遠慮をしてしまい、具合が悪くなっても連絡をしてこないケースも多々あります。

 

こうなると、患者さんが重篤な状態になってしまう危険がありますので、気兼ねなく連絡ができる環境や信頼関係を築いておくと良いでしょう。これは、シックデイルールといってシックデイ対応の原則としてまとめられているので、常に連絡を取り合える状態にしておき、患者さんにも日頃から伝えておくようにしましょう。

 

嘔吐や下痢が止まらず食事ができない場合や、高熱が続き、尿中ケトン体強陽性。または血中ケトン体高値(3mM以上)になるか、血糖値が350r/dl以上になってしまった場合は、早急な入院治療が必要となりますので、注意して下さい。薬物療法については、経口血糖降下薬を服用している患者さんの場合は、
投薬の中止・減量になります。

 

また、インスリン注射を行っている場合は、血糖値をチェックし患者さんの状態を見ながら実施することが重要です。患者さんの自己判断で経口薬やインスリン注射を中止してしまうと、さらに糖尿病ケトアシドーシスや高血糖性高浸透圧昏睡の危険性が高くなります。

 

常日頃から、シックデイ状態だと血糖値が上昇し、普段よりも多くのインスリンが必要になり、脱水を防ぐ為にも多量の水分摂取が必要であることを患者さんに充分に説を行い理解してもらうということが大切です。

 

 

<シックデイルール(シックデイ対応の原則)>

 

@主治医に連絡し指示を受けるよう、患者さんに指導をしておく。
インスリン治療中の患者さんには、食事が取れなくても自己判断でインスリン注射を中断しないよう伝える。発熱・下痢・嘔吐のように、消化器症状が強い時は、必ず医療機関で受診するよう指導することも重要。治療の自己中断は絶対厳禁です。

 

A水分をよく摂り、脱水を防ぐよう指示する。
来院した患者さんは、点滴注射で生理食塩水1〜1.5L/日を補給する。

 

B食欲が低下している時は、日頃食べ慣れていて口当たりがよく、消化に良い物を選び、
できるだけ食べるよう指示をする。(おかゆ・ジュース・アイスクリームなど)

 

C自己測定で血糖値の動きを3〜4時間に1回ずつチェックする。
血糖値が200r/dlを超えていて、さらに上昇の傾向が見られたら、そのつど速効型または超速効型インスリンを 2〜4単位追加するよう指示をする。

 

D来院時には、必ず尿中ケトン体の測定を行う。
患者さんには、日頃から適切な治療とシックデイ時の対処法などの指導をしっかりと行い、医師・看護師・患者さんの連携も大切です。迅速に対応ができれば、患者さんの重篤化も防ぐことができるので、しっかりと治療の経過観察と信頼関係を築いておきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加