看護師 排泄ケア

排泄ケアの正しい知識を知っていますか?


. このエントリーをはてなブックマークに追加  
.

ベッドサイドケアの基本ともいえる排泄ケア。以外にも、これを苦手としている看護師の方は多いようです。理由としては、患者さんの羞恥心を伴うために処置にスピードが求められることや粘膜からの感染の危険が多いということがあるでしょう。

 

特に、導尿、膀胱留置カテーテルの挿入、浣腸などについては、感染において最大限の注意をしなければいけません。患者さんに苦痛を感じさせない為に、最大限のケアをしましょう。

 

スポンサーリンク

 

導尿

 

女性患者の陰部消毒の際には、綿球を部位ごとに変える

 

導尿を行う際に、カテーテルから細菌が膀胱内に侵入すると、感染症を引き起こすリスクが高くなります。なので、カテーテルの挿入前に、患者さんの陰部をしっかりと消毒しましょう。

 

その際には、尿道口側から肛門側に向けて拭くようにします。

 

そして、綿球を部位ごとに新しいものに変えるようにしてください。そうしないと、汚れが広がってしまいますから、感染のリスクが無くなりません。

 

 

男性患者のカテーテル挿入の際には、陰茎を立ててから行う

 

膀胱留置カテーテルを挿入する際には、患者さんの陰茎を体と垂直に立ててから行ってください。何故かというと、臥床状態の男性患者の場合、腹様部尿道と尿道陰嚢角が曲がってしまうため、上手く挿入できないからです。

 

陰茎を垂直に立てることで、緩やかなカーブになりますから、カテーテルの挿入が容易になります。男性患者の場合だと、男性看護師が基本的には行いますから、女性看護師は、知識として知っておくと良いでしょう。

 

 

カテーテルを抜くときには、下腹部を圧迫してはいけない

 

導尿後にカテーテルを抜く際に、尿を出し切るために下腹部を圧迫する人がいます。しかし、コレは絶対にやめてください。カテーテルが残った状態で下腹部を圧迫すると、膀胱内を傷つける可能性があります。ですから、少しずつカテーテルを引きながら、尿が出るところを確認しましょう。

 

ただし、膀胱を摘出して代用膀胱を使用している患者さんの場合には、下腹部を圧迫する必要があります。代用膀胱は縮むことがありませんので、圧迫をしないと尿が出ないためですね。患者さんの状況に合わせて、対応を使い分けるようにしてください。

 

 

導尿をしても排尿が無い場合もあることを知っておく

 

排尿が無いケースとしては、以下のものがあります。

 

  • 膀胱内に尿が溜まっていない
  • カテーテルの先端が尿まで届いていない
  • カテーテルが入りすぎて膀胱壁に当たっている
  • カテーテルが尿の沈殿物により詰まっている
  • 膀胱内の出血により、カテーテルが詰まっている

 

なので、導尿の実施前には、尿が溜まっているかを確認したり、正しい手技でカテーテルを挿入したりといった事が必要になりますね。患者さんに負担を掛けないためにも、事前確認は怠らないようにしましょう。

 

 

摘便・浣腸

 

摘便前には、肛門をマッサージする

 

摘便は、詰まってしまっている便を指を使って動かしたり、直腸反射を促進することで、便を排出させるために行います。単に、指を挿入して摘み出すということではありません。

 

そこで、指の挿入を容易にするために、肛門をマッサージして弛緩させることが重要です。弛緩したタイミングに合わせて、人差し指を挿入して刺激しましょう。また、粘膜を損傷させて出血する可能性がありますから、注意してください。

 

 

肛門から浣腸液が漏れたら、すぐにカテーテルを抜く

 

肛門から浣腸液が漏れるということは、排便反射が強まっている証拠です。これにより、患者さんが自力で排便できる可能性があります。

 

ですから、一度カテーテルを抜いてみて、様子を見るようにしてください。その際に、下腹部を圧迫するようにすれば、排便を促すことが出来ます。便が残るようであれば、再び浣腸液を注入するようにしましょう。

 

 

浣腸は臥位で挿入する

 

立位によるグリセリン浣腸をすると、直腸穿孔を起こすことがあります。

 

理由としては、以下のものがあります。

 

  • 立位の場合、直腸にカテーテルがぶつかって傷つけることがある
  • 患者さんの緊張により直腸が収縮し、カテーテルが挿入しにくい
  • 見づらい体制なため、挿入の長さが確認しづらい
  • 挿入したカテーテルが安定しない

 

立位の場合、このようなデメリットがありますから、左側臥位で浣腸を行うようにしましょう。

 

 

膀胱留置カテーテル

 

滅菌蒸留水を注入後に、バルーンを膨らませる

 

通常、カテーテルを挿入後に尿の流出が見られたら、バルーンを膨らませます。この際に、生理食塩水ではなくて、滅菌蒸留水にしてください。

 

生理食塩水を使用すると、バルーン内で食塩が結晶化することがあります。そうなった場合、バルーンが詰まってしまってカテーテルが抜けなくなってしまうのです。なので、滅菌蒸留水を使う事を憶えておきましょう。

 

 

男性患者の場合、上向きにカテーテルを固定する

 

カテーテルを挿入後は、陰茎を上向きに固定しましょう。これは、尿道のカーブによる圧迫を防ぐために行います。下向きに固定をした場合、カテーテルが尿道陰嚢角を圧迫して、尿道を傷づける可能性があります。

 

なので、カテーテルを上向きにして、下腹部にテープで固定しましょう。患者さんがテープでかぶれることもありますから、肌質に注意してください。

 

 

カテーテルは、ゆとりを持って固定する

 

カテーテルを張りつめたまま固定していると、体が動くたびにカテーテルが引っ張られます。そうすると、カテーテルが抜けてしまったり、尿道粘膜が損傷したりすることがあります。感染症の危険も高まるため、ゆとりを持ってカテーテルを固定するようにしてください。

 

長時間の固定の場合、テープによるかぶれを防ぐために、適宜固定場所を変えるようにしましょう。

 

 

カテーテルと蓄尿バックは、状態を見て交換する

 

以前までは、膀胱留置カテーテルは1週間程度での交換を推奨されていました。しかし、最近になってカテーテルの交換をすると細菌の侵入リスクが高まることが分かったのです。

 

ですので、カテーテルと蓄尿バックの交換は、回路汚染や感染徴候があった場合にだけ交換するようにしましょう。状況に応じた対応が求められるので、観察力を常に養うようにしてください。

 




このエントリーをはてなブックマークに追加